ぽやん舎、千歳へ進出します!

こんばんは。すてきな春のさきがけに、いかがお過ごしでしょうか、ぽやん舎です。

ところで、ぽやん舎のお取り扱い場所が増えまして、お知らせさせていただきます。

2021年4月1日オープン、千歳の、よろず屋カフェさん(イロイロリビングさん 内)といいます。

イロイロリビングさんっていうのは、千歳市中心街にある、「来たひとがくつろげるリビング空間」っていうコンセプトのすてきなイベントスペースです。ライブがあったり、コワーキングスペースとしても使えます。

よろず屋カフェさんはそのイロイロリビング(通称イロリ)さんに間借りするかたちのカフェで、なんと

・着物貸し出し、試着体験、着付けなど

・本大好きスタッフによる貸本

・コーヒー提供

・雑貨販売

などなど楽しそうなこといっぱいのスペースです。そこで、ぽやん舎の品々(一部の本、雑貨)を販売・試し読みしていただけることになり、また、試し読みできる見本誌数は日本一を誇る六種類!です!!

そのうち、ぽやん舎の写真を撮る方、野澤尚也の写真なんかも展示していただけるとかとか。

千歳近郊在住のみなさま、楽しそうな場所なので、お気軽にふらっと遊びに行ってみてくださいな!駐車場は、グリーンベルトさんがありますよ。3時間まで無料だったかなぁ。

というわけで、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。神社参拝、駄菓子やさんはしごなんかも楽しい一角です。

よろず屋カフェ(イロイロリビング内、2021年4月1日オープン、毎週木曜日12〜17時OPEN)

〒066-0063 北海道千歳市幸町1丁目15(居酒屋あまがえるさんのお隣)

JR→千歳駅(徒歩10分)

バス→仲の橋通り下車(徒歩5分)

お車の方→グリーンベルト駐車場(徒歩5分)

イロイロリビングウェブサイト↓

写真zine「無題 Ⅰ」とその後

こんにちは、ぽやん舎の写真を撮る方、野澤尚也です。

思い立ってまとめた写真zine第2弾「無題 I」をシャンティブックス様にて取扱いただきました。早速手に取っていただけたことが大変嬉しいです。

しかし実のところ、自分の中には戸惑いも残っていました。写真を売って、何を伝えたらいいのだろう? と。あるのだけど、どう伝えたらいいのだろうか、それをそのまま出してしまったところもあります。

自分の視界の片隅に残ったもの、の中から、なるべくステレオタイプでは交換できないイメージを1冊に残したい。「自分の体験に根ざした」もので集合的なイメージから少しずれていて、撮影者の生活や価値観が主題としてじわりと浮き上がってくる。社会に生きる「個人」という状態を暗示できるスナップショット写真です。この形態の写真は被写体を持ちながら、主題は撮影者自身、ともいえます。

おおざっぱにいうと、大森克己「サナヨラ」のイメージです。サナヨラ | 大森 克己 |本 | 通販 | Amazon これを、自分の言葉で作らなければならなかった、という後悔があります。わかっているけどできなかった。だから不完全なところがあるのに店頭に出して、申し訳ない気持ちがありました(最後まで納得いくものって、できないのかもしれませんが)。

学生の頃は、この写真の点と点をつなげる核心を見失うことはありませんでした。頭の中は作品作りでいっぱい。しかし仕事を中心とした今の生活では、自分のパーソナルな部分を伝えることが億劫になり、頭に上らなくなったのかなと思います。だけれど、やりたい気持ちが湧き上がったという不思議な状態でした。

「目の前で『小さな火が灯っている』と自分が受けとった景色を、残し続けている」それが今の僕の写真と思います。このことをもう少しわかりやすく、タイトル等に託して伝えたいです。

「無題」シリーズは今後も迷いとともに出る予感がありますが、次の作品はしっかりつけたいタイトルを思いついたので、またまとめてみたいと思います。

そして、きれいなプリントをしたいという欲。これがまだ燻っています。小部数冊子の印刷では到底実現できないとわかりました。

なので、写真zine第3弾発表と一緒に、綺麗にプリント・額装した写真で個展を開けたらいいなと、小さな夢を抱いています。

新しいまんが「神聖」について

こんばんは。また冬みたいになっちゃいまして、わたしは今日、今季初めて転びました。逃げ切れるかと思っていたのでくやしい・・・

さてさて、新しいまんが、「神聖」を、いつもお世話になっております、シャンティブックスさんと古本浪漫堂さんに置かせていただいてきました。

表紙です
シャンティブックスさん
古本浪漫堂さん(すずめちゃんもいます)

神聖は、女の子ふたりの夏休みのお話です。一人はかなり世をすねていて、もう一人はとても素直です。後者の女の子の、好きっていう気持ちについて考えるまんがです。

このまんがは、前にかいた「into the せかい」の続編なので、併せてお読みいただけると、より世界がはっきりするかと思います。佐藤のその後です。

あと、素直な女の子が最後に作ったCD、自分ではプレイリストを作りました。ロックを聴かない女の子の聴いている音楽を意識したんですが、ちょっとここに載せようかとも思ったのですが、照れるのでやめます。笑

ご興味のある方もしいらっしゃいましたら直接わたしに訊いてください・・・・笑

表紙なんですが、最近水彩画のワークショップに参加させていただきまして(町田すみ先生というまんが家の先生に教えていただきました。ありがとうございます・・・!)、以来ブームの水彩でかいたものです。今日なんて、清水の舞台から飛び降りるつもりでホルベインの水彩えのぐを買ったんですよ(100円えのぐを使ってました・・・・)、楽しみです使ってみるの!

さてさて、あと、喫茶こんさんの自由研究展示もみてきました。

まず、こんごはんの美味しさですよ。うまい〜〜!なんかほっとする味です。ケーキセットも食べたいけどごはんがうまい。あとこないだ食べたクリームぜんざいもおいしかったなぁ。

こんごはん。おにぎりさんと目が合っちゃった!

小部屋に作品たちが展示されており、楽しかったです。いいなぁ〜、こんなの作れたらいいなぁと思っちゃいました。

というわけで、「神聖」、きせつはずれ?かもですが、夏に思いを馳せたいかたにも強くおすすめします!

シャンティブックスさん(営業日はTwitterを参照です)

札幌市東区北18条東1丁目5-1 ローソン隣

Twitter

古本浪漫堂さん(水曜日定休)

札幌市豊平区平岸3-7-2-3

Twitter

ではでは、まだ寒いですのでお気をつけてお過ごしください。ぽやん舎より愛を込めて。

喫茶こんさんの自由研究展示に参加します

どうもこんばんは。ぽやん舎です。いかがお過ごしですか。もう春めいてわくわくしませんか。私はわりともう浮き足立ったような、血湧き肉躍るような感じになっています。のわりに今は吹雪いてたりして、まあいいか。

さて、喫茶こんさん。札幌市東区のとってもかわゆい喫茶店です。ご存知ですよね。3月1日〜14日、自由研究の展示があります。ぽやん舎、二度目の参加をさせていただいく予定です。タイトルは「救われる気持ち」、日常にひそむ「救われる気持ち」について書いたまんがをあつめたかべしんぶん(的なもの)になります。

救われる気持ち、大切ですよね。

もうだめだ。そんな瞬間に、先輩がかけてくれたCD、流れてきたのは私のすきな曲でした。

もうだめだ。そう思ってうちについたら、郵便受けを見てるあいだ、エレベーターの扉を開けて待っててくれたやさしいひとがいました。

もうだめだ。そう思って思い詰めた顔をしてたら、なにそれと笑い飛ばしてくれたひとがいました。

そんな瞬間を重ねて、救われて、なんとかかんとかかろうじてやってきたような気もします。

(ちなみに一度めの自由研究は「ロング・シーズン」というタイトルで、季節ごとのできごとについてまとめました。フィッシュマンズしばりというわけではなくて、なんとなく続いてしまいました。フィッシュマンズ好きです。映画楽しみですね〜)

というわけで、3月前半はかわゆいカフェでおいしいごはんをいただきつつ、ぽやん舎やいろんなかたがたの展示をながめるのはいかがでしょ。喫茶こんさん大好きなんです。ちなみに、ぽやん舎絶賛販売中の旅古書シャンティブックスさんのご近所です。ぜひともはしごしてディープ東区さんぽを…!

喫茶こん

札幌市東区北21条東1丁目(地下鉄南北線北24条駅か北18条駅もより、それか、バスターミナルへむかうバス群がめっちゃ停まります)

Twitter

website

オバケちゃんとウサギちゃん⑤と、おはなばたけについて

こんにちは。本当に寒いですね・・・みなさまお元気にしていらっしゃいますか?こちらはけっこう参っています。ネコ型ロボットなので寒さにはめっぽう弱く・・・そして水道管凍結の話もちらほら聞きますね、怖い・・・

そんな寒い中、シャンティブックスさんと古本浪漫堂さん(いつもいつもお世話になってます)に、新しいまんがを置いていただきに行ってきました。

浪漫堂さん。シマエナガじゃないよ、すずめだよ

浪漫堂さん、怪奇展のなごりがすこしありました。今ならまよけの石がもらえます。残り少なめだったのでお早めに!

まよけの石
シャンティブックスさん

そうだ、シャンティさんのレジのとこに「まちの一角の古本屋さん」ってまんが貼ってありますが、あれ私かいたやつです。気に入っていただけたのかな、嬉しいな。シャンティさんありがとうございます!みなさん行ってみたら見てみてくださいね。

おはなばたけのあらすじは前々回くらいにふれたので今回はいいか〜。

オバケちゃんとウサギちゃん⑤、しょっぱなから二人の大げんかからはじまります。季節は夏から冬くらいです。あいかわらず、おいしいものよく食べてなんやら楽しそうなオバケちゃんとウサギちゃんの毎日の暮らしぶりがかいてあります。

古本浪漫堂さん

札幌市豊平区平岸三条七丁目2-3(水曜日おやすみだそう。地下鉄南北線平岸駅から近いよ)

シャンティブックスさん

札幌市東区北18条東1丁目5-1 ローソン隣(地下鉄南北線北18条駅から近いよ)

みなさまどうぞどうぞよろしくお願いいたします。

しかし寒いですね、全然あったまらない。みなさまおからだきをつけて・・・

2020年もおせわになりました

ちょっと2020年を振り返ってみるコーナーということで・・・

いろいろありました。もうこの先なんもないんじゃないか?ってくらい、いろいろありました。

とても濃い一年だった、いろんなことがあり、たくさんの方々にお世話になった一年でした。みなさま、どうもありがとうございました。

じつは、ぽやん舎のアイドル、ハムスターのぽやんかん(※名前です)が、ついこないだ亡くなりました。ぽやんかんとぽやん舎の名前になにか関係があるのかはよくわからないんですけど、「ぽやん」の語源は、冬の空だったと思います。

北海道は寒くて、寒ければ寒いほど、空の色がぽやんとパステルカラーのふしぎな感じの色合いになります。それがすごくふしぎだったんです。それをぽやん舎のもう一人になんとなく言ったら、いつのまにか我々は「ぽやん舎」ということになっており(その時点では私は何も聞いていなかった。まんがを書いてもいなかった)、ハムスターも「ぽやんかん」という名になっていました。

「ぽやんかん」というのは「ぽやんを取り締まる保安官」みたいなダジャレだったような気もします。うーん。笑

あ、そうだ、私、ピクシブをはじめまして、まんがはこれからこちらに載せてくと思います。よろしくお願いします。

https://www.pixiv.net/users/62766910

私はあいかわらずまんがをかいており、今「into the せかい」の続きを書いています。佐藤とクラスメイトがまた出てきます。

みなさまお体にお気をつけて、また来年もよろしくお願いします。

2021年の目標は・・・・やはり、まんがをまじめにかくことです。

あと、健康に気をつけたい。みんな元気で過ごしたい。

ではでは、みなさまよいお年を〜!

古本浪漫堂さんにて!

その古本屋さんは、札幌平岸にあります。

看板かわいいです♡ちょっと掲げてみました
まだ掲げてる。ネコチャンがかわいい・・・よく見るとおしゃれなオバケも
時流にびんかんなケロチャンもいらっしゃった

平岸といえば、かの有名なヒップホップ(で合ってますか?ジャンルのことわからないよ〜)の一個小隊を思い出す・・・

まどろっこしい・・・THA BLUE HERBを思い出します。お住まいなんでしたっけか。

ほかにも、えらく居心地のいいフライドチキン屋さんや、品揃えのいい大型リサイクルショップや、小さいながらもなんかおもしろいリサイクルショップなんかのある街です。(偏りのある紹介ですみません)

古本浪漫堂さんという、以前佐々木マキさんのまんがを買い求めに行った古本屋さんです。

こちらにも、ぽやん舎コーナーを作っていただき、(というか、強引に頼み込んだようなものです。話を聞いてくださった店主さん本当にありがとうございます!)

かわいい♡ムーミンの横に「危」の文字ものぞくよ

こう・・・浪漫堂さんは、レジ横のスペースをわざわざ開けてくださって、それが、「祭壇」みたいに思えたんですよね・・・(ここで言う祭壇ってあくまでも自分用語で、自分の中で、大事な本や手紙、お香、お気に入りの耳飾りなんかを置く、小高い神聖な場所みたいな意味です)とても嬉しかったです。浪漫堂さんありがとうございます・・・

ちなみに浪漫堂さんでは、今、「怪奇展」という展示をされていて、店内にまんがの原画が掲示してあります!原画、なかなか見られないので面白かった!しおりやステッカーも頂いて嬉しい♡

かんばんです
こちらの原画がいちばん印象強かったです

古本浪漫堂さん、地下鉄南北線、平岸駅から徒歩5分くらいです。怪奇展は年内いっぱい開催されてるそうですので、ぽやん舎も合わせましてみなさまどうぞよろしくおねがいします。

古本浪漫堂さん

毎週水曜日定休、お昼ごろオープン(https://twitter.com/keromando にて開店宣言あります)

札幌市豊平区平岸3-7-2-3

011-557-7541

おはなばたけ(新作)

表紙のしたがきです。本物、もっとかわいくなる予定!

9月からかいていたまんがが完成しました。あらすじ言っちゃったらつまらないかな、どうしよう。

おわりの世界にて、なにもない主人公が、花を植える話です。すこしSFっぽいかも。

思いついたとき人前ですっごい泣いてしまって心配されました。自分で泣くかよ〜ふつう〜。

あと、この話は、ふだん私が感じている、なんとなくの疎外感のようなものをもとに考えた、まるきりの作り話なのですが、知り合いにあらすじを話したら、「それって、はんせん病の方たちのはなしみたいね」と言われ、とりあえず「あん」を見ました(樹木希林さんすてきすぎました)。本当にこんな話が、現実が、あったのだな…と、なんとも言えない気持ちになりました。

そして仲のいい叔母(まんが好き)にあらすじを話していたら「こうなるんでしょ?!」「こう来るんでしょ?!」と先を読まれまくり、ちょっとへこむなど。笑

本当に絵をかくのが難しい、、、人とか写真見ないとかけないや。だから、みぢかな人々をモデルにかいてたらみんな知ってる人に似てる。なんとかならんのか。

あと、ちょっと訳ありまして、製本できるまでちょっとお時間かかりそうです。製本できましたら、またよろしくお願いします!

冬が来まして、とても寒いですね。なにより、日が短く暗いのがこたえます。

みなさま、どうぞおからだにお気をつけて。

Never Mind The Books2020ありがとうございました!

どうもです。昨日、無事、Never Mind The Books2020(以下NMTB)出展してきました!

オシャレとは縁遠いけどかわいいと信じています!

まずはいつも通り、双方の親が来てくれるなどにぎやか!Twitterで面識のある読者のかたもいらしてくれました!嬉しい!

わたし(Poyan2)のスペース。整頓は苦手・・・

嬉しいことに、売れ行きはよかったです!どこまで細かく書いていいのかわからないのですが、買ってくださったピアスを着けたところを見せてくださったお姉さん(とてもお似合いでした♡)、たいへんそうなお姉さん、たいそう迷われたあと一冊買ってくださり「(人間の)絵が好き」と仰ってくれたお姉さん、ブローチを二個すごく迷ってから選んで買ってくださったお姉さん、ぬいぐるみを「どこに飾ろう」「玄関」という会話とともに連れてってくださったお姉さんお兄さん、いや、けっこう細かく書いちゃいけないのかな。。あと、わざわざ来てくれた知人のかたがたもありがとうね!

Poyan1のスペースが思いのほか狭くなりごめんよ。

とにかく、、、自分の作ったものが、誰かにわかってもらえるという経験になりました。そして、それは、「全員」じゃないんだな、と。でも、「誰か」、一部の方に、届くんだな、と。

あと、「オバケちゃんとウサギちゃん」を読んでくださった方がほぼ全員「ゆるい・・・」と感想をくださり、おもしろかったです。そんなゆるいかな〜

わたし、まるっきりおしゃれじゃないけど、かわいいものを作っているよ!って、いつか胸を張るでもなく、普通に思えたらいいな、言えたらいいなって思います。「おしゃれじゃないけど」って枕詞すらも消えて、「わたし、かわいいまんが書いて、かわいい雑貨作ってるよ」って言えたらいいなって。本当にそう思います。

スタッフのみなさまがたもお疲れさまでした、今年のNMTBはとくに仕事が多かったと思います、、、、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました!

最後に、ぽやん舎ブースを訪れてくださった、すべてのかたに、お礼申し上げます。どうもありがとうございました。またどうぞ。

一生の宝物

Never Mind The Books 2020に出展します!

こんにちは。心地よい秋はあっという間に終わり、ガチ秋ですね。あの中途半端な秋好きにはさみしいです。

ところで、表題の通り、Never Mind The Books(以下NMTB)という、札幌でいちばんかわいいイベント(ぽやん舎調べ)に出展します!!

いや〜NMTBの思い出といえばおととたびです。どっかに書いたと思うのでなんかすみません。2016年のおととたびに、NMTBの出店みたいのが出てまして、もうそれがすごいかわいくて、なにやら買ったところ、「次回NMTBは海の日にTV塔です!」みたいな「小さい紙」をもらったんです。

フライヤーっていうか、「小さい紙」だった記憶があります(不確かで定評のあるわたしの記憶です)。

で、海の日にTV塔に行きました。もうもうもう楽しくて楽しくてびっくりしました。カルチャーショックみたいなものを感じました。

以来、NMTBの大ファンです。それに自分が参加できるなんてびっくりです。

というか、例の感染症しだいで、いろいろ制約があったり、ぶじ開催されるのかひやひやしておりますが、なんか雨降りそうな遠足を楽しみにしてるような心持ちです。

是非いらしてくださると全ぽやん舎(と関係者)が泣いて喜びます(本気で)!みなさまぜひ札幌観光など兼ねましてTV塔に登ってきてください!

Never Mind The Books 2020

10月31日(土)11:30-17:30

さっぽろテレビ塔2Fにて

↓出展者いちらん

http://nevermindthebooks.com/nmtb2020/exhibitor/