ありがとう!ファーストぽやん

こんばんは。

今日、千歳のよろず屋cafeさんから、ファーストぽやん撤収して参りまして、無事終了となりました。

思えばまるっと2ヶ月、ファーストぽやんを気にかける日々でした。浪漫堂さんやシャンティさんにいかにさりげな〜くおきゃくさんの入りをDMで尋ねるかとか。(バレバレだったと思いますが本当にありがとうございました笑)

本当に気にしすぎて、じゃっかん落ち込んだ時もありました。笑

でも、なんていうか、「ぽやん舎をはじめてからたまにある、いい感じ」をまた感じることができました。

なんていうか、ほこほこして、にっこりする感じです。(語彙・・・!)

ツイッターやインスタで、「ファーストぽやん」行ってきました、を見たときのなんともいえない嬉しい気持ちとか。

浪漫堂さん最終日、浪漫堂さん前にわたしと野澤尚也、かなずさんと、「ゆうやけ公園」からピックアップしてきた高城さん、そして浪漫堂さんで集まって話してた感じ。夕焼けていく感じ。フルーツだいふくとすみ先生からいただいたプリン。シャンティさんへ向かって、とっぷり暮れて、搬入に向かったときの感じ。シャンティさんの作ってくれてた大きな看板。

矢澤さんのえんぴつ画がすてきだったからと急きょかいたガールの日常風景画、意外と好評で嬉しかった。矢澤さんとこんごはんをテイクアウトして、公園で食べる。いつもかわいい矢澤さんはぽやん舎のオバケのピアスをつけてくれてて嬉しかった。

シャンティさん最終日、喫茶こんさんでごはんを食べて、komaさんの展示をみた。アジフライがおいしくて、こんさん史上いちばんおいしかった。シャンティさんに着いたらうさこさんがいらっしゃって、相変わらずすてきで少し緊張しちゃったりした。

よろず屋cafeさん。初日、店番に行って、濱千代さんに着物を着せていただいた。帯は「相撲にとりくむウサギたち」とてもかわいい。ちょくさんが一番乗りで来てくれて、ほどなくして母も来た。笑 その日はほんとうに楽しい日だった。Oさんに葡萄をたくさんいただいて、2日かけて食べた。おいしかった。

野澤尚也はワクチンの2回目を打って39℃の熱を出した。

千歳の、野澤尚也のお知り合いが、ちょこちょこ来てくれた。嬉しい。

という、なんだかすてきな、ほこほこにっこりするような思い出の数々です。ほこほこにっこり、さっき名づけたけど、わりと自分の感じた通りの言葉ですので、きっとみなさまにも伝わってると思います。

本当に、来てくださったみなさん、気にかけてくれたみなさん、浪漫堂さん、シャンティさん、よろず屋cafeのふるやさん・まなみさん・濱千代さん、DMを置いてくださったお店やさんのみなさん、どうもありがとうございました。

あと、母、義母、叔母に深く感謝します。ありがとうよ〜。

ぽやん舎はこれからもちょもちょもなんやらかんやら作っていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

ぽやんより愛を込めて。どうもありがとう。

ファーストぽやんスタート!

こんにちは。夏の終わり、ファーストぽやんの設営をしてきました。

浪漫堂さん、すごいスペース空けてくださって、そうじきもかかってた。嬉しかったなぁ・・・(ありがとうございます!)

ガチャガチャの機械もあるんですよ。浪漫堂さん、お店の前に。そこにぽやん舎の「オバケちゃんとウサギちゃん名場面シール」が入りました。一回100円、当たりはキラキラホログラムです。ぜひ挑戦してみてください!

額に入れた自分の絵がとてもすてきに見えたみたいに、お店に飾った自分の絵が、やっぱりすてきに見えて、ガールがひょっこり居るみたいで、とてもよい感じの設営ができまして嬉しい・・・!

野澤尚也もいい感じに展示しておりました。私は彼の文章も好きで、一点だけ挨拶文てきなものが展示されております。

あと、ぽやん物販コーナーもあります(zineと手作りこもの、アクセサリー)。感想ノートも置きました。今、個人情報が危険な時代ですので、「通り名と感想を書いてね」というノートです。どうぞよろしくね。

会期は4週間と結構長くて、いろんな方に楽しんでもらえたらいいなと思っております。ときどき感想ノート見にいきますね♡

さてさて、それでは、4週間どうぞよろしくお願いします。

看板、私が作りました
物販コーナー。かわいいんだ
ガールがいるみたい
野澤尚也の写真は「静謐」と私は思う
さぁ回してみよう!!

古本浪漫堂さん 9/4(土)〜9/26(日)

札幌市豊平区平岸3-7-2-3(地下鉄南北線平岸駅から徒歩5分)

12:00〜19:00ごろの営業(ツイッターにて開店・閉店宣言あります)水曜定休

Twitter

NMTBありがとうございました!

こんにちは。never mind the books(NMTB)無事終わりまして、今年もとても楽しかったです。

緊急事態宣言が前日に発令されるなど、スタッフさんの大変さを思うと、本当に感謝です。おつかれさまでした・・・

今回はやはり、いらしてる方々は少ない感じがしました。それでもぽやんめがけて来てくださった方、通りかかってじっくり読んで買ってくださった方、目が合ったからつい!みたいにかわいい中2病を買ってくださった方、わざわざ来てくださった顔見知りの方、なんだかあっという間であまり記憶がさだかじゃないのですが、本当にぽやん舎に来てくださった方、見てってくださった方、どうもありがとうございました。

そしてぽやん舎は今週末から初の二人展、ファーストぽやんが始まります。まだ準備おわってません、がんばります・・・

本当にありがとうございました!

おしゃれブースのなか「バザー」っぽいのがぽやんのいいところ
よく晴れた、夏のおわりの一日でした
買ったもの♡

秋のニュース♡NMTB21→ファーストぽやん

どうもこんばんは。お知らせたいへん出おくれましてすみません。

まず、never mind the books(NMTB)に今年も出展いたします!NMTBっていうのは札幌で行われるzineの即売会です。とてもかわいくおしゃれな雑貨なんかも多くて、本当にワクワクする・・・なんていうんだろう、革命てきなイベントだと思っています。今年も出ますよー!!!

今年はまた本が増えました。笑

私の本だけで全部で今のところ14冊あり、野澤 尚也との共作が1冊あり、野澤 尚也の写真zineが今後増える予定です。多い・・・笑 ちゃんと並ぶのかな(並べてみせる)

あとは、去年もお出ししたこものシリーズと、新たにかわいい僕の中2病(キラキラのステッカー)をおもちします。一部で大好評だったぽみくじも持っていきます。野澤 尚也のポストカードも新たに増えそうな感じですが未定です。

ご都合よろしければぜひいらしてくださいね。

never mind the books

Twitter

2021年8月28日(土)11:00〜18:00

さっぽろテレビ塔2階にて ※塔の2階はすっご〜く高いところにあります!階段で登らない方がいい笑

—–

おしらせその2です、ぽやん舎初の展示、ファーストぽやんをします!

なんとなく、いつもお世話になってます古本浪漫堂さんに「やらない?」的にお誘いをいただいて(こちらもいつもお世話になってます、旅古書シャンティブックスさんが水を向けてくださった気配も感じつつ。笑)、「やります」と。そんな感じです。

ファーストぽやん、わたし野澤頃は最近しきりにかいている「ガール」のシリーズ(3ヶ所で展示替えします)とそれにちなんだ詩を、野澤尚也は静かなスナップ写真を展示します。

あとあと・・・企画だったり、こんなことするよだったりがコマコマとありますが、こちらはNMTBがいちだんらくしたあたりから鬼のようにツイッターで発表してく予定です!お見逃しなく〜〜〜!!!

ファーストぽやん

@古本浪漫堂 9/4(土)〜9/26(日)

12時〜19時くらい(水曜定休)

札幌市豊平区平岸3条7丁目2ー3

℡011ー557ー7541

Twitter

@旅古書シャンティブックス 9/27(月)〜10/10(日)

昼ごろ〜夜まで(不定休)

札幌市東区北18条東1丁目5ー1 ローソン隣

℡080ー3233ー8561(たまり)

Twitter

@よろず屋cafe(イロイロリビング内) 10/7、14、21、28(木曜のみ営業)

12時〜17時

千歳市幸町1丁目15(駐車場はグリーンベルト3時間まで無料です)

℡090ー3140ー3404(ふるや)

https://www.instagram.com/yorozuyacafe/

とてもたのしい展示になりそうです、内容は切なくてかわいくなるといいな・・・がんばります!体調にきをつけていらしてくださいね〜〜〜〜!!

ではでは、急に涼しくなって自律神経が大変ですけど、どうぞおからだ気をつけて。ぽやん舎より。

野澤 尚也ががんばって作りました!かっこいい!
情報量が多い。笑

あたらしいまんが「世界の終わり」について

どうもです。とても暑い日々が続きますがみなさまお元気ですか。

こちらはけっこう夏バテしたり、だんだん楽しくなってきたり、やっぱりばてたりして忙しいです。

さてさて、あたらしいまんがが書かさり、初めて今回印刷所さんに出したんです。なんか照れくさいのはなぜ。

星空の意味は読んでのおたのしみ

これって、じつは、もともと私のみた夢がもとになっています。夢日記をつけたら死ぬとか発狂するとか言うので怖いんですけど・・・・

夢の中で、海を泳いで行った向こうに「世界の終わり」がありました。そこにいくと先客がいて、暖炉を守っています。世界の終わり、というのは、記憶を消すための場所で、二人は記憶を消すためにそこに来ていて・・・

というような夢です。その夢がなんだかすごくかっこいい夢だったので衝撃を受けてまんがにしました。

主人公は詩を書いています。その詩はなんとなくわたしのつくった「かわいい僕の中2病シール」のポエムに通じるので合わせて見てみると楽しいかもです。

かわいい僕の中2病シール。光の加減できらきらしてきれい

夢をみて、このまんがをかいて思ったことは、「(特定の)誰かと居たい」っていう気持ちは叶わないこともある・・・とか、その「居たい」っていう気持ちがいかに強く、切実かっていうことです。

お花見に一緒に行きたい、花火を一緒にしたい、紅葉のなか一緒に歩きたい、一緒に雪合戦をしたい。紅白を見たい、お参りに行きたい、・・・たくさんあります。

今回のまんがでは、それはある意味叶って、おおすじでは叶ってません。そんなおはなしです。(あらすじ言うのへたでほんとうにごめんなさい・・・)

世界の終わり、かわいい僕の中2病シール、どちらもnever mind the booksにまずおもちしますので、どうぞよろしくお願いします!

ではではまだまだ暑そうですのでおたがい気をつけましょう、またです〜

never mind the books

2021年8月28日(土)さっぽろテレビ塔2階にて

11:00〜17:30開催予定!

オバケちゃんとウサギちゃん6巻につきまして

こんにちは。とても気持ちのいい春から初夏へのいちばんすてきな季節、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

このすてきな季節、オバケちゃんとウサギちゃんの6巻ができまして、今日、古本浪漫堂さん、シャンティブックスさんに置いていただいてきましたよ。

ででん!縦でダイナミックに!浪漫堂さんは平岸ですよ
個性的なコーナーに置かれたぽやん舎ブックス
どどん!シャンティさんは北18条駅もよりの東区です
デストロイ屋さんの左側にぽやん舎が!

オバウサ6巻。もう6巻ですね。バイトに出始めたウサギちゃんにおともだちができたりしてますますにぎやかです!過去パンクスくずれだったウサギちゃんの姿や、まんまるねこの人気キャラ・福原編集長(&蝶野社長)が出てきたり。おのおのかわいいスイーツを作るオバケちゃんとウサギちゃんにも注目です!

なんだか雨が降ったら少し肌寒いいちにちでした。みなさまどうかお体にはお気をつけて。あともう初夏、真っ赤なタイツを履くと変でした。みなさま合わせてお気をつけて(言われなくても大丈夫?!)。

古本浪漫堂さん

札幌市豊平区平岸3条7丁目2-3

水曜日定休、お昼頃開店

Twitter

シャンティブックスさん

札幌市東区北18条東1丁目5ー1 ローソン隣

不定休、お昼すぎ開店すること多し

Twitter

ぽやん舎、千歳へ進出します!

こんばんは。すてきな春のさきがけに、いかがお過ごしでしょうか、ぽやん舎です。

ところで、ぽやん舎のお取り扱い場所が増えまして、お知らせさせていただきます。

2021年4月1日オープン、千歳の、よろず屋カフェさん(イロイロリビングさん 内)といいます。

イロイロリビングさんっていうのは、千歳市中心街にある、「来たひとがくつろげるリビング空間」っていうコンセプトのすてきなイベントスペースです。ライブがあったり、コワーキングスペースとしても使えます。

よろず屋カフェさんはそのイロイロリビング(通称イロリ)さんに間借りするかたちのカフェで、なんと

・着物貸し出し、試着体験、着付けなど

・本大好きスタッフによる貸本

・コーヒー提供

・雑貨販売

などなど楽しそうなこといっぱいのスペースです。そこで、ぽやん舎の品々(一部の本、雑貨)を販売・試し読みしていただけることになり、また、試し読みできる見本誌数は日本一を誇る六種類!です!!

そのうち、ぽやん舎の写真を撮る方、野澤尚也の写真なんかも展示していただけるとかとか。

千歳近郊在住のみなさま、楽しそうな場所なので、お気軽にふらっと遊びに行ってみてくださいな!駐車場は、グリーンベルトさんがありますよ。3時間まで無料だったかなぁ。

というわけで、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。神社参拝、駄菓子やさんはしごなんかも楽しい一角です。

よろず屋カフェ(イロイロリビング内、2021年4月1日オープン、毎週木曜日12〜17時OPEN)

〒066-0063 北海道千歳市幸町1丁目15(居酒屋あまがえるさんのお隣)

JR→千歳駅(徒歩10分)

バス→仲の橋通り下車(徒歩5分)

お車の方→グリーンベルト駐車場(徒歩5分)

イロイロリビングウェブサイト↓

写真zine「無題 Ⅰ」とその後

こんにちは、ぽやん舎の写真を撮る方、野澤尚也です。

思い立ってまとめた写真zine第2弾「無題 I」をシャンティブックス様にて取扱いただきました。早速手に取っていただけたことが大変嬉しいです。

しかし実のところ、自分の中には戸惑いも残っていました。写真を売って、何を伝えたらいいのだろう? と。あるのだけど、どう伝えたらいいのだろうか、それをそのまま出してしまったところもあります。

自分の視界の片隅に残ったもの、の中から、なるべくステレオタイプでは交換できないイメージを1冊に残したい。「自分の体験に根ざした」もので集合的なイメージから少しずれていて、撮影者の生活や価値観が主題としてじわりと浮き上がってくる。社会に生きる「個人」という状態を暗示できるスナップショット写真です。この形態の写真は被写体を持ちながら、主題は撮影者自身、ともいえます。

おおざっぱにいうと、大森克己「サナヨラ」のイメージです。サナヨラ | 大森 克己 |本 | 通販 | Amazon これを、自分の言葉で作らなければならなかった、という後悔があります。わかっているけどできなかった。だから不完全なところがあるのに店頭に出して、申し訳ない気持ちがありました(最後まで納得いくものって、できないのかもしれませんが)。

学生の頃は、この写真の点と点をつなげる核心を見失うことはありませんでした。頭の中は作品作りでいっぱい。しかし仕事を中心とした今の生活では、自分のパーソナルな部分を伝えることが億劫になり、頭に上らなくなったのかなと思います。だけれど、やりたい気持ちが湧き上がったという不思議な状態でした。

「目の前で『小さな火が灯っている』と自分が受けとった景色を、残し続けている」それが今の僕の写真と思います。このことをもう少しわかりやすく、タイトル等に託して伝えたいです。

「無題」シリーズは今後も迷いとともに出る予感がありますが、次の作品はしっかりつけたいタイトルを思いついたので、またまとめてみたいと思います。

そして、きれいなプリントをしたいという欲。これがまだ燻っています。小部数冊子の印刷では到底実現できないとわかりました。

なので、写真zine第3弾発表と一緒に、綺麗にプリント・額装した写真で個展を開けたらいいなと、小さな夢を抱いています。

新しいまんが「神聖」について

こんばんは。また冬みたいになっちゃいまして、わたしは今日、今季初めて転びました。逃げ切れるかと思っていたのでくやしい・・・

さてさて、新しいまんが、「神聖」を、いつもお世話になっております、シャンティブックスさんと古本浪漫堂さんに置かせていただいてきました。

表紙です
シャンティブックスさん
古本浪漫堂さん(すずめちゃんもいます)

神聖は、女の子ふたりの夏休みのお話です。一人はかなり世をすねていて、もう一人はとても素直です。後者の女の子の、好きっていう気持ちについて考えるまんがです。

このまんがは、前にかいた「into the せかい」の続編なので、併せてお読みいただけると、より世界がはっきりするかと思います。佐藤のその後です。

あと、素直な女の子が最後に作ったCD、自分ではプレイリストを作りました。ロックを聴かない女の子の聴いている音楽を意識したんですが、ちょっとここに載せようかとも思ったのですが、照れるのでやめます。笑

ご興味のある方もしいらっしゃいましたら直接わたしに訊いてください・・・・笑

表紙なんですが、最近水彩画のワークショップに参加させていただきまして(町田すみ先生というまんが家の先生に教えていただきました。ありがとうございます・・・!)、以来ブームの水彩でかいたものです。今日なんて、清水の舞台から飛び降りるつもりでホルベインの水彩えのぐを買ったんですよ(100円えのぐを使ってました・・・・)、楽しみです使ってみるの!

さてさて、あと、喫茶こんさんの自由研究展示もみてきました。

まず、こんごはんの美味しさですよ。うまい〜〜!なんかほっとする味です。ケーキセットも食べたいけどごはんがうまい。あとこないだ食べたクリームぜんざいもおいしかったなぁ。

こんごはん。おにぎりさんと目が合っちゃった!

小部屋に作品たちが展示されており、楽しかったです。いいなぁ〜、こんなの作れたらいいなぁと思っちゃいました。

というわけで、「神聖」、きせつはずれ?かもですが、夏に思いを馳せたいかたにも強くおすすめします!

シャンティブックスさん(営業日はTwitterを参照です)

札幌市東区北18条東1丁目5-1 ローソン隣

Twitter

古本浪漫堂さん(水曜日定休)

札幌市豊平区平岸3-7-2-3

Twitter

ではでは、まだ寒いですのでお気をつけてお過ごしください。ぽやん舎より愛を込めて。

喫茶こんさんの自由研究展示に参加します

どうもこんばんは。ぽやん舎です。いかがお過ごしですか。もう春めいてわくわくしませんか。私はわりともう浮き足立ったような、血湧き肉躍るような感じになっています。のわりに今は吹雪いてたりして、まあいいか。

さて、喫茶こんさん。札幌市東区のとってもかわゆい喫茶店です。ご存知ですよね。3月1日〜14日、自由研究の展示があります。ぽやん舎、二度目の参加をさせていただいく予定です。タイトルは「救われる気持ち」、日常にひそむ「救われる気持ち」について書いたまんがをあつめたかべしんぶん(的なもの)になります。

救われる気持ち、大切ですよね。

もうだめだ。そんな瞬間に、先輩がかけてくれたCD、流れてきたのは私のすきな曲でした。

もうだめだ。そう思ってうちについたら、郵便受けを見てるあいだ、エレベーターの扉を開けて待っててくれたやさしいひとがいました。

もうだめだ。そう思って思い詰めた顔をしてたら、なにそれと笑い飛ばしてくれたひとがいました。

そんな瞬間を重ねて、救われて、なんとかかんとかかろうじてやってきたような気もします。

(ちなみに一度めの自由研究は「ロング・シーズン」というタイトルで、季節ごとのできごとについてまとめました。フィッシュマンズしばりというわけではなくて、なんとなく続いてしまいました。フィッシュマンズ好きです。映画楽しみですね〜)

というわけで、3月前半はかわゆいカフェでおいしいごはんをいただきつつ、ぽやん舎やいろんなかたがたの展示をながめるのはいかがでしょ。喫茶こんさん大好きなんです。ちなみに、ぽやん舎絶賛販売中の旅古書シャンティブックスさんのご近所です。ぜひともはしごしてディープ東区さんぽを…!

喫茶こん

札幌市東区北21条東1丁目(地下鉄南北線北24条駅か北18条駅もより、それか、バスターミナルへむかうバス群がめっちゃ停まります)

Twitter

website